伝統料理を食べよう! | フリーのポータルサイトを利用して、山梨県のグルメを楽しもう!

フリーのポータルサイトを利用して、山梨県のグルメを楽しもう!

伝統料理を食べよう!

ピンク色のシェーバー

甲府を訪れたなら一度は食べておきたいのが、人気のほうとう。甲府市内を車で訪れると、数百メートルごとに甲府ほうとうを美味しく食べられる店が点在しています。今や甲府グルメの頂点に君臨するほうとうは、実はとても歴史深い食べ物のひとつ。時代をひも解くと、平安時代にはほうとうの元祖とも言うべき料理が楽しまれていたと言われています。消化がよく食べやすいほうとうは、戦国時代に入ると武士たちの食べ物として甲府地方に定着するようになります。かの戦国武将武田信玄も大好きだったといわれるほうとうは、山梨の歴史を語るにふさわしいソウルフードなのです。

小麦粉を練ってカボチャやネギ・ニンジンなどの野菜とともにグツグツ煮込んだほうとうは、栄養価に優れたメニューです。家庭に常備してある野菜や麺だけで簡単にできるため、甲府の多くの家庭ではおやつや夜食代わりに、ほうとうが食べられることもあります。
寒いときには体を芯から温め、温かいときには元気を与えてくれます。味噌ベースで下味をつけたスープは、日本人なら誰もが親しみを感じる味。お好みで七味や柚子胡椒をかけて召し上がると、一風かわった大人の味を体感できます。
甲府市内でほうとうを注文すると、鉄鍋に入ったアツアツのほうとうが運ばれてきます。食べやすく薄く切られた野菜と、のっぺりしたほうとうの麺は味噌ベースのスープによく絡み、絶妙なコンビネーションを奏でてくれます。丁寧に下準備されたほうとうは、まさに甲府が生み出したあったかグルメ。立ちのぼる湯気が食欲を誘います。